ユーザーの趣向 (2)

ナビゲーション

webは便利に使うことができれば満足度が上がりますが、何が便利だと思うかは人によって違うものです。タ ーゲットが Webサイトを使う頻度や目的に合わせてナビゲーションの方法を考えます。

ユーザーによって変わるストレス要因

Webから情報を探すユーザーのために、なるべくストレスによる原因をつくらないようなナピゲーションの方法を考えることが大切です。ストレスだと感じる要因は、ユ ーザーの性別や年代だけでなく、行動H寺問’出:や生活習聞の速いよっても異なります。