画像の切り取り

デザインができたら、 HTMLに画像データを埋め込みたい範囲を画像ソフトで正確に切り取って、1枚ずつファイル名を付けてフォルダーの中に保存します。
画像を保管しておく場所は、「画像を入れる場所」として専用のフォルダーを作っておくと管理しやすくなります。
このとき、「だいたいこのくらいだろう」という目分量でサイズを決めるのではなく、縦も横もきっちりとpx(ピクセル)単位で正確に切り取るようにしましょう。
そうしないと、HTMLに画像を組み込んだときにずれて表示されてしまうからです。
ここで切り取った画像ファイルは、次の工程でHTMLを使ってホームページに組み込んでいく「素材」となります。
実務では、画像の切 り取り作業はデザインの工程に含まれる場合もあれば、コーデイングの工程に含まれる場合もあり、境界が曖昧なのが現状です。
デザインとコーデイングを別々の人が行う場合は、作業範囲を明確にしておきましょう 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です