法人向けサイトのあれこれ

最近はどの業界の企業でもオウンドメディアを持つのは当たり前になりました。特にウェブサイトはコーポレートサイトやECサイトなど、あらゆる種類のサイトが氾濫しており、飽和状態にあるのかもしれません。ところで自社のサイトにアクセスするユーザーは、個人客であるケースもあれば、法人であるケースもあります。個人客をターゲットとして想定し、サイトを制作・運用するのは何となくイメージできるものですが、法人をターゲットとするとなると、今一イメージできない担当者も少なくないのはないでしょうか。そこでここでは法人向けのオウンドメディアのあれこれについて、お話ししたいと思います。そもそもオウンドメディアの歴史を繙くと、やはり個人客向けのメディアが中心でした。ですからそれらに比べれば、法人向けのメディアの歴史は浅く、まだ十分にノウハウが積まれていないとも言えます。しかし現時点で分かっていることもありますから、担当者はその辺りの知識を蓄え、整理することが大切です。例えば、法人向けメディアにはメリットとデメリットがありますが、両者をリストアップするのも有効でしょう。つまり法人向けサイトを新設するべきか否かを、そのリストを見て判断するのが適当なのです。ではメリットは具体的に何かというと、一つは競合する他社サイトの数が少ない点です。前述したように、オウンドメディアは個人客に向けて作られることが多く、まだ法人向けメディアの市場規模は小さいのです。従って、今すぐ自社の法人向けメディアを作れば、それだけ有利に勝負することが出来ます。そもそも法人向けのサービスや商品は他社のそれと類似する可能性が低いため、オウンドメディアで広告できれば鬼に金棒といったところでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です